・6/3ママパラダイス(明星大学青梅キャンパス)・6/30、7/1キッズマルシェ(TENOHA代官山)
・7末キッズサークルイベント催事(マルイ国分店)・10/27みんなのキャンパス(八王子南口広場)
・11月アナログゲームの祭典ゲームマーケット(東京ビックサイト)

レターズはじめてあそぶカードゲーム プレイヤーは郵便屋さんになって動物たちに手紙を届けるゲームです。早く手紙を届けた人が勝ち!3種類のアクションカードでゲームを更に盛り上げます!ぼくも!わたしも!仲間に入れて!一緒にあそびたい気持ちを大切に 「レターズはじめてあそぶカードゲーム」は3歳からお兄ちゃん・お姉ちゃんまで一緒にあそべるカードゲームです。
グッド・トイマーク
グッド・トイ2018受賞

1985年より、おもちゃ選びがより楽しく豊かなものになるように支援する為、一定基準を満たした良いおもちゃを
「グッドトイ」として「認定NPO法人 芸術と遊び創造協会」により「レターズ」が選定されました。

Story 動物たちはで手紙を出すのが大好き。そんな動物たちが暮らす森の郵便局は毎日大忙し。みんなで郵便屋さんのお手伝いをしてあげよう!カードをめくって持っている手紙カードと同じ色の動物カードが出たら配達完了!誰が先に持っている手紙を届けられるかな?
3歳からあそべるカードゲーム レターズ6つのポイント①[動物たちが主人公] 小さな子どもが興味を持ってゲームの世界に入り込みやすくしました。(3~12歳対象)②[文字・数字を使わない分かりやすいゲーム] 色や動物のシルエットを手掛かりにゲームを進めていくので、小さな子どもでも楽しめます。③[厚めのカード]  持ちやすく、扱いやすくするためにカードを厚くしました。④[平置きオープンスタイル]カードを持たずにあそべるので、子どもの「上手く持てない!」「あそびにくい!」を解消しました。⑤[片付けやすく丈夫な箱] 片付けやすい大き目サイズに、壊れにくい頑丈な貼り箱パッケージを採用しました。⑥[子どもに合ったあそびの展開] 子どもの興味や、年齢によってもっと簡単編や、応用編などあそびの難易度を調整できます。
レターズの遊び方色やシルエットを手がかりに、誰に届ける手紙か考えてね!手紙の動物が出てきたらお手紙が届けられるよ!先に手紙を全部届けた人が勝ちだよ!3種類のアクションカードでゲームがさらに盛り上がるよ!子どもに合ったあそびの展開もっと簡単編アクションカードを入れてあそぶことが難しく感じる小さなお子様には、まずはアクションカードを抜いてあそんでみましょう。応用編点数をつけて更にゲームを楽しもう!最初に上がった人が出た時点で、それぞれの持っているレターカードの枚数を数えて点数を付けます。何回戦か勝負を重ねて、最後に合計枚数が少ない人が勝者となります。他にもこんな遊び方もメモリーカード(神経衰弱)としても遊べます。プレイカードの中からツバメ便カードを1枚だけ抜いて、その他のプレイカード20枚を使います。絵合わせなので、分かりやすくて小さなお子様でも簡単に遊べます。
レターズの動物たちとゆうびんやさん
レターズであそんだよ こども向きと思いきや運が重要で手加減できず、毎回親子で本気の勝負をしています!手持ちのカードをお互いにオープンにするので、プレイ中もルールの確認がしやすく、また短時間で勝敗がつくので最後まで飽きずにあそんでいます!カードを配る、じゃんけんで勝負を決めるなどカードゲームの基本も遊びながら学べています。先日、もうすぐ4才になる娘が同じ月生まれの友達にレターズのルールを説明して、子どもたちだけであそび始めたのには驚きました!東京都 M.Oさん 娘(3才)それまでカードゲームに興味を示さなかった娘がハマった!ルールも簡単なのですぐに理解して楽しめました。お友達にもルールを説明して得意げな姿も☆キャラクターはもちろん、紙の質や厚さにもこだわりが感じられます。箱も持ちやすい大きさで、あそびに出かける時、娘のバックにこっそりレターズが入っていたり…w公園に行く時も動物とレターズを持って、青空レターズを楽しんでいます!	 東京都 M.Sさん 娘(6才)・息子(3才)
レターズワークショップレターズを体験してもらえる場として、様々なイベントに積極的に参加しています。イベントではカードゲームの他に、レターズの世界観を伝えられるような、レターズ関連グッズも企画・販売しています。●キャナルマーケット●ママフェス●レターズ体験会@まんまる助産院●ささえあいフェスティバル●キッズマルシェ●アートビュッフェ●花と緑の●ゲームマーケット●レターズ体験会@ゲーム&カフェことぶき●のうちのマルシェ●テーブルマルシェ●ハンドメイドマーケット●レターズ体験会@WANNE●国分寺マルイ
レターズ取扱店●Curious●木のおもちゃチッタ●キッズいわきぱふ●平井書店 積善堂●ボードゲームのお店「道」●Miyoshi-ya●CLUB BLACK●Cleeblatto